函館SS・ユニコーンS 2020 サイン予想

■函館スプリントステークス
データ分析:マイルやクラシック路線からの参戦も多く難解な一戦

【自信度:A】

本命は4枠7番のライトオンキューとした。

このレースは、昨年禁止薬物問題で大量の除外が発生。

2019 函館SS
1枠1番:サフランハート   7着
2枠2番:ペイシャフェリシタ 5着
3枠3番:シュウジ      除外
4枠4番:ライトオンキュー  除外
4枠5番:リナーテ      除外
5枠6番:ダノンスマッシュ  除外
5枠7番:ダイメイフジ     4着
6枠8番:トウショウピスト   除外
6枠9番:ユキノアイオロス   6着
7枠10番:カイザーメランジェ 1着
7枠11番:アスターペガサス  2着
8枠12番:タマモブリリアン  除外
8枠13番:タワーオブロンドン 3着

上記のように、3枠、4枠の出走馬がいないという、
非常にレアなケースとなった。

その3枠と4枠に入ったのが、昨年ダノンスマッシュを
除外された安田隆行厩舎のダイアトニックと、
昨年除外されたライトオンキュー。

後者は枠も同じ4枠に入り、これを重視して軸馬とした。

相手にはやはり3枠に入ったダイアトニック。
人気だがこの2頭を軸にした3連複で勝負したい。
2.3.5.8.9.10.15へ流す。

【自信度:A】
3連複2頭軸:6.7-2.3.5.8.9.10.15

<<結果>>
6→16→10 ハズレ

 

■ユニコーンステークス
データ分析:GⅠ馬を多数輩出してきた3歳馬の出世レース

【自信度:A】

本命は8枠16番のカフェファラオとした。

昨年のこのレース、1着は1番のワイドファラオ
カフェファラオは逆1番で同じ「ファラオ」を持つ。

対抗は1番のデュードヴァン。この馬も昨年の2着馬、
デュープロセスの「デュー」を持つ。

3番手には2戦ともぶっち切って勝った5番レッチェバロック。
まともならこの3頭だが、10番と13番も加えたい。

このレースも函館SS同様、昨年は禁止薬物問題で2頭の除外馬が出た。
そのうちの1頭が西園正都厩舎のサトノギャロスだが、昨日の阪神10R、
安芸Sで5枠10番に入り馬券にならず。

同じ5枠10番に入ったのが、同じサトノの馬サトノラファール。
そして、13番タガノビューティーはサトノギャロスを管理している西園正都厩舎。

3強にこの2頭が割って入るかどうかが勝負の分かれ目となる。

馬券はカフェファラオからデュードヴァンとレッチェバロックの対抗軸、
サトノギャロスとタガノビューティーへのヒモへ流す3連複4点。
それと、3強の馬券は3連単BOXで買う。

【自信度:A】
3連複:16-1.5-10.13(4点)
3連単:1.5.16(6点)

<<結果>>
16→1→6 ハズレ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です